平成16年 元旦
住職御征忌・焼香師拝命 大本山永平寺、法堂にて勤行

新年明けましておめでとうございます。
貴家皆さまには、一家お揃いで元旦をお祝いになられたことと察し、心からお祝詞を申し上げます。
新年を迎えるに当たり、当山でも、毎年、除夜の鐘を撞いていますが、同じ時刻に、山門や寺内の庭や石畳それに鐘楼を照らし出す燈火会 をここ5年程続けて催し、今では大勢の方々が列をなして順番を待つようになりました。除夜の鐘は、昔から百八つ撞くことになっています。これは、人間には生きんがために心身をわずらわし惑わすたくさんの煩悩があり、この煩悩を一つずつ撞き浄め、鐘の響きにひたりながら、こころ新たにして一年に臨むというものです。鐘の功徳は 甚深無量 であります。
さて、昨年、全国の曹洞宗住職の中から 御征忌 の焼香師の一人に選ばれ、去る九月二十七日に禅師さまの拝命を受け、道元禅師さまの御前で導師を務めました。
とりわけ、檀信徒の皆さまの護持会と総代の方々から寄進いただいた 青磁本金織 の袈裟を身に着け、六十四名の随行団が控える中で、栄えある法要を無事に執行できたことは、誠に感慨深いものでございました。
これも一重に皆さまの常日頃の月照寺護持の賜物と感謝申し上げる次第です。厚く御礼申し上げます。
末筆ではありますが、檀信徒皆さまのご多幸とご健勝を祈願いたしますとともに、今年も護持に変わらぬご理解ご尽力を賜りますようお願い申し上げます。
月照寺住職 間瀬元道
明けましておめでとうございます。
平成十六年の年頭にあたり、総代会を代表して謹んで新年のごあいさつを申し上げます。
昨年、当山ご住職間瀬元道様が大本山永平寺法堂にて貫首、大禅師猊下のご名代として御征忌(ごしょうき)の焼香師(しょうこうし)を務められましたことは、我々檀信徒にとって大変名誉なことでありました。
これも一重に、皆さまが、常日頃から、当山を菩提寺として大切に育んでいただいている賜物と感謝申し上げる次第でございます。
さて、我々総代一同は、皆さまが種々の法要や墓参等にお越しの際、より利便な環境とするため、昨年の駐車場の整備に引き続き、中参道の拡幅とともに手すり等の設置など墓地の整備を推進しております。
皆さまには何かとご迷惑をおかけいたしますが、何卒、このような趣旨をご理解いただき、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
また、皆さまが各種行事にお気軽にご参加いただけるよう、護持会役員の皆さまと一緒になってお手伝い等も行っており、今後とも鋭意取り組んでまいりたいと考えています。
檀信徒の皆さまには、どうか変わらぬご理解ご協力を衷心よりお願いいたしまして、年頭のごあいさつといたします。
月照寺檀信徒 総代会代表 山森 豊