平成17年 元旦
 
慕古心
道元禅師さまからのメッセージ
「最初の一歩」
何事においても、最初の一歩を間違えるととんでもない方向へ行ってしまいます
仏道の修行は自分が救われるためではなく世のため人のためにつくすことですこの誓願から最初の一歩を踏み出しましょう
檀信徒の皆様には、ご健勝のこととお喜び申し上げますとともに、平素は当山護持のためにご支援賜り誠にありがとうございます。
 今年百五歳の禅師様から「二十一世紀という言葉に限りない夢を抱いた時がありました。しかし、地球規模での環境破壊、後を絶たない紛争とテロ。国内では、自ら命を立つ年間三万人を越える人、刹那的な享楽に時を過ごす多くの若者、後を絶たない幼児達への痛ましい事件。この様な時代に曹洞宗の教えに生きる私達は、どのような信仰生活を送るべきでしょうか。」というお言葉がありました。
 『修証義』の教えに「同事というは不違なり自にも不違なり他にも不違なり」があります。
 ”同事とは協力して事を成すこと“”不違とは違わないこと“です。つまり自己を囲む全ての人や物との間に垣根を作らないことです。
 私達は、人であったり、自然であったり、必ずつながりを持っています。だからこそ、
”人を敬う心“や”自然を大切にする心“を忘れたとき、無闇に人と争ったり、己の都合だけで自然を傷つけることを起こすのです。
 今こそ、私達は、皆と共に仏の教えに叶った「同事行」を実践してまいりましょう。
 殺すことなかれ 差別を許すことなかれ
 美しき地球と未来を子ども達に
 この願楽を実践することこそが、私達の信仰生活にほかなりません。
 今日、只今から、その実現のための一歩を進めようではありませんか。
月照寺住職 間瀬元道 平成十七年元旦
 
あけましておめでとうございます。
 平成十七年の年頭にあたり、総代会を代表して謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
 昨年は数多くの台風や大地震など、立て続けに災害に見舞われ、全国各地に大きな被害をもたらした年でありました。
 皆様のところはいかがでしたでしょうか。当山では台風十八号で庫裏の戸が吹き飛ばされるなどの被害がありました。
 さて、皆様により良い環境の中で法要や墓参などにお越しいただけるよう、当山は駐車場や墓地内の整備をしており、私共総代一同もこれを支援しています。
 お陰様で昨年は、駐車場の拡大と墓地内の環境整備を進めることができました。
 皆様には何かとご迷惑をおかけしていますが、ご理解のうえご協力いただきますようお願い申し上げます。
 また、皆様が各種行事に気軽にご参加くださるよう、護持会役員の皆様共々、お手伝いなども行っており、今後とも懸命に取り組んでまいりたいと考えています。
 檀信徒の皆様におかれましては、どうか変わらぬご理解、ご協力を賜りますよう、心よりお願いいたしまして、年頭のご挨拶といたします。
筆頭総代 山森 豊 平成十七年元旦

1ページ 2ページ 3ページ 4ページ