平成20年 元旦

*** 慕古心 ***

◆道元禅師さまからのメッセージ
「人生に定年はない」
人生に定年はありません
老後も余生もないのです
死を迎えるその一瞬までは人生の現役です
人生の現役とは自らの人生を
悔いなく生き切る人のことです
そこには「老い」や「死」への恐れはなく
「尊く美しい老い」と
「安らかな死」が
あるばかりです

◆慕古心(もこしん)について
時を超えて、人を超えて、語り、受け継がれ、
伝えられる「真実(本当のこと)」は
永遠に輝いて、いつも新しいのです。
道元禅師は、現代を生きる私たちに、
「真実(本当のこと)」を
たくさん教え示してくださっています。
そのひとつひとつを学び、
実践することを
「慕古心」というのです。
「慕古心」とは、「永遠の真実」を
探し求めることであり、
「道元禅師からのメッセージ」は
そのための羅針盤に他なりません。
月照寺梵鐘の由緒
 当山の梵鐘は、昔から国土安穏、万民豊楽、海上安全の祈願をこめて打ち鳴らされ、明石では海を渡る鐘として広く知られています。従前の梵鐘(四百八十貫)は昭和十八年、戦時供出してこれを失い、この度皆様の絶大な御協力を得て昭和五十三年に再鋳し、鐘楼も再建しました。
 東経一三五度日本標準時子午線上にあり、県下随一の大梵鐘で八三〇貫、一撞余韻は三分半に及び海峡に響き渡る。京都太秦、岩沢宗徹が精魂こめて鋳造した梵鐘です。


新年のご挨拶
 新年を迎え、謹んで新春のお慶びを申し上げますとともに、檀信徒の皆様のご繁栄とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
 さて、本年は永平寺三世徹通義介(てっつうぎかい)禅師七百回ご遠忌に当たります。
 徹通義介禅師様は其の初め、高祖道元禅師様のもとで、典座(てんぞ)という、永平寺において修行僧の食事を司る大切な役目に就かれました。徹通禅師は、道元禅師より仏法の大事を承けつがれました。道元禅師は、その典座職の心得として典座教訓という教えを書き残されており、その中に、喜心・老心・大心という三つの心が示されております。永平寺貫首宮崎奕保禅師様は、ご遠忌にあたり三心(さんしん)に学ぶを主題におかれました。
 ”喜心“とは、喜び感謝する心、人間に生まれてきたことをまず喜びなさいという”喜悦の心“
 ”老心“とは、祖父母が孫を、あるいは両親が子どもを愛するような”慈悲の心“
 ”大心“とは、かたよらない”寛大な心“
 道元禅師は、この三つの心が、典座職はもとより、禅宗寺院のどの職務においても最も大切なものであるとしていますが、出家者ばかりでなく、誰もがもちたい心であります。
 私たちは普段、なにげなく食事をし、なにげなく日々を送り、いちいち感謝することなど、なくなっているのではないでしょうか。
 以前では食事をするときには必ず「いただきます」「ごちそうさま」と言っていたものですが、最近ではそれすらおろそかになりがちです。
「いただきます」とは、魚や野菜などの命をいただきますという感謝の気持ちです。たしかに食事の前に「いただきます」と手を合わす動作には、感謝の心が込められています。家族が一緒に食事をする機会が減り、個食、孤食といったスタイルが増えてきたと言われて久しいですが、どのような状況であろうと、せめて食事に感謝する気持ちは忘れないでほしいものです。
 最後になりましたが、わたくし、一昨年の十月に、曹洞宗管長様より、当山二十七世住職に任命されました。
 もとより浅学非才の身ではありますが、精進努力を重ね当山の法灯を末永く護持してまいりますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。        合掌             
平成20年元旦 月照寺住職 間瀬和人


1ページ
 2ページ 3ページ