月照寺年間行事予定(平成24年)

1月1〜3日
新年祈祷(修正会) 本堂/毎朝
元旦から三日までの毎朝、平穏無事な一年でありますようにと祈願いたします。

3月17日(土) 春彼岸会法要 本堂/12時受付
◆12時30分〜講演(講師・鶴  裕雄氏)
◆14時〜法要
この世を越えた彼岸に想いをめぐらし、亡き人を偲んでご供養いたします。
3月17日(土)
永代供養塔合祀墓合同回向 永代供養塔前
◆15時30分〜法要
永代供養塔に合祀されている仏様をご供養いたします。
3月31日(土)
大般若祈祷法要  本堂/12時30分受付
◆13時30分〜法話
◆14時30分〜法要
大般若波羅密多経六百巻を転読し、檀信徒各家の諸願成就を祈願する法要です。

8月6日(月)
初盆大施食会 本堂/8時開経
初盆を迎えられる新亡の仏様のご供養はもとより、ご先祖、無縁の仏様にもご供養する法要です。
8月23日(木)
8月24日(金)

地蔵盆 千躰地蔵尊前
◆18時〜
子ども達の純真な心を見守っていて下さるお地蔵様を子ども達でご供養する法要です。

9月15日(土)
秋彼岸会法要 本堂/12時受付
◆13時?〜法話 
◆14時〜法要
この世を越えた彼岸に想いをめぐらし、亡き人を偲んでご供養いたします。

10月15日(木)

お十夜法要本堂/12時30分受付
◆十三時〜法要
◆十四時〜皆で歌おう
曹洞宗のお祖師さまである達麿大師のご遺徳を偲び、ご先祖様に感謝の気持ちを込めてお念仏をお称えする法要です。


12月31日(月)

子午線燈花会・除夜の鐘  鐘楼/22時00分受付
◆二十三時〜撞鐘開始
鐘つき志納 金1人500円以上 (全額社会福祉に寄付)「行く年」を省み、「来る年」の決意を新たに。


日本語の中の仏教 其の4
油 断
 『涅槃経』というお経の中に次のようなエピソードがあります。お釈迦さまが、「戒」(修行をする人が守る大切なきまり)に対する真剣な心がまえを、たとえを用いて説いています。
 「昔、ある王さまがいました。王さまは、家来に油を入れた器を持たせ、人びとの間を歩かせました。そして、器の油を少しでもこぼしたら、そなたの命を断つであろう、といって、刀をもったもうひとりの部下を、後ろに立たせ歩かせました。油の器を持った家来は、心を集中させ、みごと油をこぼさずに、歩きとおすことができました。」
 王は「仏」、家来は「修行をする人」、油は「戒」、刀をもったもうひとりの部下は「いのちは、かぎりあるものだという真実」のことです。
 「油をこぼせばそなたの命を断つ」という王さまの言葉から「油断」が生まれました。なんて無理を言う王さまだろう、と思いますよね。私もそう思います。でも、もしも家来が油をこぼしたとしても、王さまは殺さなかったでしょう。王さまが伝えたかったのは、戒の大事さと、真剣な心がまえだったからです。
 戒の中には、私たちが心豊かに生きていくためのことがらが、たくさんつまっています。いのちをそまつにすることがないように、「私は?しません」とちかうのが戒なのです。
 私たちは、「刀の部下」が伝える「かぎりあるいのち」を、心豊かに生きていきたいものです。
 「油断」せずにね。


お願い●市町村合併にともない住所に変更がございましたらお知らせ下さい。


1ページ 2ページ 3ページ