平成27年 元旦

慕古心(もこしん) 道元禅師さまからのメッセージ
修せざれば現れず
「知る」ということと
  「わかる」こととはちがうのです
 しってはいても実行されなければ
  わかったことにはなりません
    薬の効能書を読んだだけでは病気は治りません
       禅も実行してはじめてわかることなのです


この図は明治17年(1884)に横山東黄によって描かれた図です。書付によると宝庫にあり260年たち、虫喰いもひどくなっていた図を写したもので、絵図を詳細に見ると現在人丸山の麓にある亀の水の亀形樋水口が描かれていません。この口は享保4年(1719)に出来たといわれており、これ以前に描かれたものと思われます。また現在柿本神社にある柿本人麻呂祠堂碑(亀の碑)が描かれています。この碑は寛文4年(1664)明石城主松平信之によってつくられたものでそれ以降のものです。よって今から約300年から350年前の月照寺の様子をあらわした図と推定できます。


新年のご挨拶
 未年を迎え、謹んで新春のお慶びを申し上げますとともに、檀信徒の皆様のご多幸とご繁栄をご祈念申し上げます。
 今年も良き年になるように目標を立てられた方も多いのではないでしょうか。昔から、年の元(はじめ)、月の元、日の元を三元といって、おめでたい日であるとともに、その年、その月、その日をいかに生きていくか、指針を立てるために非常に大事にしてきました。一月は年の初めにこころを修正し正しく生きていくことを決意する月ということで、一月のことを「正月」ともいいます。禅には、「日々是好日」(にちにちこれこうにち)ということばがあります。毎日いろんな事があります。けれど「いいこと」ばかりではありません。悲しい日も苦しい日もあります。しかし、その悲しみも苦しみも、喜びも嬉しさも思い悩むことなく一日一日の出来事をかけがえのないものとしてとらえ、良いことも悪いことも受け入れ、一生懸命に暮らす。すると、かけがえのない「好き日」になります。毎日がかけがえのないものになれば、毎月が、毎年がかけがえのないものになり、生きることがかけがえのないものとなります。新年を迎え、この一年をより良くいきるために、どんな日もかけがえのない一日でありたいものです。
 最後になりますが、皆様にとって本年が良き一年でありますことを重ねて祈念申し上げ、新年の挨拶とさせて頂きます。                 合 掌
月照寺住職 間瀬和人



1ページ 2ページ 3ページ 4ページ