令和4年 元旦


百子図(ひゃくしず)

多くの子供に恵まれることは、かつて非常な幸福とされた。
百人の童子が戯れ遊ぶ「百子図」には、多子の願いが込められている。


 謹んで新年のお慶びを申し上げますとともに、檀信徒の皆様のご多幸とご繁栄を祈念申し上げます。
 皆様におかれましても、ご家族で新しき年をお迎えになられたことと存じ上げます。
 一日でも早い収束を願い、曹洞宗におきましても、大本山永平寺・大本山総持寺の両本山をはじめ多くの宗内寺院でも毎朝のお勤めで、宗教や民族を問わず世界中の全ての人の安寧を願い、祈りを捧げておりますが、特に医療従事者の皆様の実践が「菩薩の行い」であるとし、深い敬意と感謝の意を表しております。
 国内では、新型コロナワクチン接種が進み、感染状況が落ち着いてきておりますが、十一月末には、新たな変異株(オミクロン株)の感染者が国内でも確認されております。私たちは過去の感染拡大の波の存在を忘れることなく、基本的な感染対策に加えて三密(密閉、密集、密接)を避けるなどの対策を怠らず冷静に丁寧に日々を過ごしていくことを、共に務めて参りたいものです。
 中国のある禅僧は「元正啓硝祚 万物咸新」(がんしょうけいそ ばんぶつかんしんなり)ということばで新年の到来を祝いました。「元旦、天が幸せをくださり、一切があらたまりますように」の意味です。
 このことばのように、一日でも早く収束して穏やかな一年になることを切に願い新年の挨拶とさせていただきます。
                                                  合 掌
月照寺住職 間瀬和人




1ページ 2ページ 3ページ 4ページ
TOPページ
このホームページは、月照寺の許可を得て、月照寺護持会が運営するホームページです。
当ホームページ上にある文書・写真・イラスト・動画等の無断使用・複製を固くお断りいたします。